不動産(売買・賃貸借・管理)と事業用定期借地のご相談なら栃木県鹿沼市のデザインルームカサイ!

リフォーム・不動産・パソコンサポート|デザインルームカサイ
サイトマップ プライバシーポリシー
ホーム 不動産情報|栃木県 リフォーム情報|栃木県 会社案内 お問い合わせ
相談事例集|不動産関連
ホーム > 相談事例集2014年-2011年 > 相談事例2014年-8
ご相談事例集|栃木県の空間リフォーム
 
<連帯保証人による家財道具等の処分に関する相談>

 賃貸住宅に入居されている借家人の友人で連帯保証人になった方から相談がありました。この方が連帯保証人になったのは3年前で、賃貸借契約は2年契約となっており、契約更新の際、友人と大家さんとの交渉が円満に進まず、法定更新となったそうです。

 その後、友人が行方不明になり、大家さんから友人の滞納賃料の支払いと家財道具の処分を請求され、その対応について困っているとのことでした。

 まず滞納家賃の支払いの件ですが賃貸借契約が更新された場合、連帯保証人が更新後の契約についても責任を負うか否かについては、「反対の趣旨をうかがわせるような特段の事情がない限り、更新後の債務についても保証の責めを負う趣旨で合意がされたと解するのが相当であり、更新後も連帯保証人は責任を負う。」との最高裁判例があります。

 この判例は賃貸借契約の更新が合意更新の場合ですが、法定更新の場合についても、更新後に生じた債務にも及ぶとした判例(昭和61年6月30日 東京地裁)があり、法定更新の場合であっても保証人の責任が肯定されると思われます。


 従って、本件の場合も、更新後は保証を負わない旨の特段の特約がない限り、大家さんの要求に応じざるを得ないと思われます。早急に友人のご両親等と相談するなどして対応していくことが必要だと思います。

 次に、家財道具の処分の件ですが、友人の家財道具とはいえ、慎重に対応すべきと考えます。通常、連帯保証人は借家人の家財道具を占有しているわけではありませんので、処分をする権限まではないと考えられます。

 家財道具を勝手に処分した場合、後で、不法行為として損害賠償請求をされることも十分考えられます。本相談事例とは事情は違いますが、連帯保証人が賃借人の制止を無視して家財道具を処分したことが不法行為とされた事例があります(東京地裁 平成23年2月21日 RETIO84−122)。

 以上のとおり、本件については慎重に対応することが必要だと思われますので、上記のことを踏まえ、友人のご両親等や大家さんと相談されることが必要だと思います。


お問い合わせ 写真素材(c)NOION
所在地
栃木県鹿沼市の空間リフォームとクロス張替えから店舗工事・工場改装工事|栃木デザインルームカサイ
有限会社デザインルームカサイ
鹿沼本店
〒322-0026
栃木県鹿沼市茂呂70-1
TEL:0289-76-5411
FAX:0289-76-5380
<受付時間>
9:00〜19:00
年末年始を除く
【栃木相談所
〒329-4423
栃木県栃木市大平町
西水代199-1
TEL:090-3090-6445
デザインルームカサイへのお問い合せはこちらから
毎週水曜日更新!
住まいのオンラインマガジン「イエマガ」|DRK’
不動産新流通システム|ゼネット
不動産検索システム|不動産ジャパン
入国管理局|栃木県宇都宮市鹿沼市栃木市不動産
知るぽると|金融広報中央委員会
「とちぎ笑顔つぎつぎカード」とちぎ未来クラブ 
フェイスブック|ぽかぽかスタッフ
ツイッター|ぽかぽかスタッフ
栃木県の地域イベント情報|ぽかぽかスタッフ ブログ 
エキテン
ekiten
各企業リンク 
株式会社 イーズリ
 アルファプロデュース 有限会社
 リンク用バナー
リンク用バナー※原則リンクフリー 
 オンラインゲーム
 プレイNC
 完成型MMORPGタワーオブアイオン
 オンラインRPGリネージュ2
パソコンお役立ち情報局
 マウスコンピューター調査隊 - 評判・評価をリサーチ
 ドスパラ情報局 - Prime・Galleriaの評判・評価は?
お笑い情報局 
タイタン|瞬間メタル
瞬間メタル(タケタリーノ山口・前田ばっこー)
 瞬間メタル 男の公式
ページトップ
不動産売買と空間リフォーム・クロスの張替えの住宅に関するご相談ご質問なら栃木県のデザインルームカサイ
 Copyright(C) 2010-2013 Design Room KasaI All Rights Reserved.